楽しかったしか言わない

ALL 声かけ 子供との時間

『幼稚園今日どうだった?』では返事は来ない。

こんにちは。

親子おうち時間クリエイターのあべまゆです。

今回は『幼稚園どうだった?』と聞くと
毎回『楽しかった』しか返ってこないんです。

というお悩みを相談されましたので
そちらに答えていきます。

私は現在幼稚園に通う娘がいます。

毎回、同じ答えの子供の原因。

幼稚園で今日どんなことしたのかな?と気になるのが
親ですよね。

お迎えに行って
『今日はどうだった?』と質問。

答えは『楽しかったよ。』だけ。

『何が?』

『たくさん』

『・・・・・・。』

楽しかったしかいわない

正直「何が楽しかったのかわからない」いつも同じ答えだけど
ちゃんと考えてるの?

とも思うかもしれません。

 

私自身も娘が年少の頃は同じような状態でした。
「まだ年少さんだし、覚えてないのかな?」

「うまく言えないのかな?」と思っていました。

実は原因は"聞き方"でした。

曖昧な聞き方

『どうだった?』この質問はオープンクエスチョンと
呼ばれるもので答え方の幅が広すぎるんですよね。

幼稚園の1日って言われても色々あったし
どうって言われても

『(総合しても)楽しかった』

つまり、子供の答えは間違いじゃない。

この場合は具体的に聞くことが大事です。

『今日は楽しかった?』

まずは、二択で答えられることを聞いて

そこからだんだん深掘りです。

『どんな遊びをしたの?』

『それは誰とやったの?』

『どう思った?』

と答えやすい質問から始めてだんだんと
具体的な部分を聞いていく。

自分の口で答えさせていく方法です。

チャイルドコーチングをする中でも
使われるスキルですので

ぜひおうちでお子さんが

いつも同じことしか言わないんだけど!?

と思った時には
試してみてください。

さらに習い事などでも
「ちゃんとやったのかな?」と
あとでどんなことをやったか聞きたい。

そんな時には
事前に伝えることも有効です。

 

例えば『きょうどんなレッスンをしたか後でママに教えてね

○○くん・○○ちゃんから教えてもらうのママすっごく楽しみにしてるよ!』

こうして事前に伝えておくことで
お子さんの頭の中には

『後でママに教えなきゃ。』

『お話ししたらママ、喜ぶだろうな〜』

という考えが出てくると思います。

その結果レッスン終わりに急に『今日のレッスンどうだった?』と聞くより

欲しい答えが得られやすくなります。

まとめ

お子さんに対して今日どうだった?の質問は
答えにくいので『楽しかった』しか返ってこないのは当たり前のことです。

  1. 具体的に聞く
  2. 答えやすいことから聞いていく
  3. 事前に教えてね、後で聞くよ。と伝えておく

この3つがポイントです。

聞き方、一つでお子さんの返事や態度がガラッと変わることがあります。

ぜひお子さんのタイプを知ってお子さんに合った褒め方も知って欲しいと思います。

 

  • この記事を書いた人

あべまゆ

あべまゆ
二人の娘の子育て真っ最中のワーママです。
趣味 読書 
子供の知育ネタなどが好きでおうち英語実践中。
●褒め育てアドバイザー資格取得。
●チャイルドコーチングアドバイザー資格取得。 保育士資格取得 目標

-ALL, 声かけ, 子供との時間